Q&A

よくある質問

■新築編
■リフォーム編

回答一覧

■新築編

リフォームしようか新築にしようか迷っています。相談すると費用はかかりますか?

費用はかかりません。ご安心ください。
これからのご家族の生活スタイルをお聞かせいただき、無理無駄のないご提案をさせていただきます。

▲ よくある質問一覧へ戻る

無料でプランや見積もりはお願いできますか?

はい。
マイホーム実現に向けプラン・見積もりをご提示し、お打ち合わせを進めていきます。
他社と比較される場合は、一言いただけると助かります。

▲ よくある質問一覧へ戻る

工事契約後に内容の変更はできますか?

工事契約の後でも、工事内容の変更は可能です。しかし注意点がいくつかあります。
--------------------------------
① 変更内容によって、契約金額を変更せずにできることと、増減が出てくることがあります。
② 変更内容によっては、契約書上の工事期間内に終わらずに、延長になる場合があります。
③ まだ現場に搬入されていなくても、すでに発注してしまった材料は、もし使用しなくなっても購入費用を支払わなければならない場合があります。

以上のようなことも発生しますので、どうしても変更しなければならない場合、杉田工務店から工事金額の増減や工期の変更等をきちんとご連絡させていただきます。

▲ よくある質問一覧へ戻る

モデルハウスはありますか?

私たちはモデルハウスを持たないというポリシーで家づくりを行っており、家づくりの大切な考えの一つとして経費のムダを省いた家づくりをしよう!を追求。良い素材とウデのいい職人達としっかりとした住まいをつくることにエネルギーをかけています。

「実際の家をみたい」とお問い合わせがあった場合、施工中の建物をご案内することは行っていますので、お気軽にお声をかけてください。ご案内いたします。

▲ よくある質問一覧へ戻る

エクステリア(外構)、家具・インテリアの提案も行っていますか?

はい。得意分野としています。
家の外観やライフスタイルに合わせて素敵なお庭を設計・施工しております。
家具・インテリアに関しましては、建物の空間設計と同時にテーブルや造り付け家具などオーダーメイドで設計しお作りしています。 

▲ よくある質問一覧へ戻る

使いたい設備や部屋の雰囲気を伝えるのによい方法はありますか?

カタログやインテリア雑誌から気に入った部分を切り取ってスクラップシートを作ってみるといいかもしれませんね。
写真のどこがよいのか、何を参考にしたいのかなども記入しておくと良いでしょう。
家づくりは楽しいものです。ご一緒にワクワク楽しく家づくりしましょう。

▲ よくある質問一覧へ戻る

土地探しからなのですが...

土地探しのお手伝いもさせて頂いております。
イメージされている建物を建築するにあたって、ロケーション・形状・用途地域等が大きく影響してまいります。
杉田工務店では、土地の選択段階からサポートさせて頂くことにより、より間違いの無い土地購入、そして家づくりの提案をサポートしております。

*土地や不動産部門のご要望に関しては、グループ会社である株式会社ザックコーポレーションと提携しております。

>>不動産ページへリンク
http://sugikoh.net/info.php

▲ よくある質問一覧へ戻る

施工エリアはどのあたりまで可能ですか?

近畿一円での施工を行っています。
圏外のお問い合わせも多数いただいておりますので、個別にご相談を承っております。
お気軽にご連絡ください。

▲ よくある質問一覧へ戻る

■リフォーム編

間取りの変更は自由にできますか?

ほとんどのマンションの場合、内部の壁は躯体とは関係ありませんので、壁を取り払い自由に間取りを変更することができます。ただし、一部のマンションでは間仕切り壁が構造体になっているものもあります。また配管の問題で水周り位置の変更に制約が出る場合もあります。

戸建ての場合は内壁が耐力壁になっている場合が多いので、間取り変更にも制約が出てくるでしょう。ご相談いただいた段階で、まずは現地調査をさせていただき、その物件に可能なプランを提案させていただきます。

▲ よくある質問一覧へ戻る

キッチンやトイレの移動は可能ですか?

水廻りの移動は床下の配管が大きなポイントになります。排水がスムーズに流れる為の高低差の確保が一番の課題です。元の位置から近い場所への移動ならほぼ問題ありませんが、あまり離れたところに水廻りを移動すると、排水の高低差を確保するために、広く床を上げる必要が生じ、その分天井高が低くなったり段差が出たりというマイナス面も出てきます。全体のバランスを見ながら水廻りの位置を決めていくことが肝心です。

▲ よくある質問一覧へ戻る

コンセントの位置を変えたり、数を増やしたりできますか?

はい、できます。テレビやパソコン、冷蔵庫、炊飯器などの家電を置く位置に応じてコンセントや電話回線のジャック、アンテナの位置を決めます。照明スイッチの位置も細かく設定できます。ご家庭によって家電の使い方も違いますから、生活スタイルに合わせて、より便利になるよう一緒に計画していきましょう。各住戸に供給される電気容量は決まっていますので、電気容量が増える場合は事前に確認が必要です。

▲ よくある質問一覧へ戻る

マンションでも結露対策はできますか?

窓の結露を防ぐ最も簡単な方法は、「ペアガラス」に交換することです。ただ古いタイプのアルミサッシの場合、窓枠に隙間が多く、そこから結露が発生しますので、その場合は室内側にもう一枚サッシを設置する「インナーサッシ(樹脂製)」を取り入れると室内側の結露を完全に防げます。
ただし、窓自体が二重になるので開閉が面倒になるという欠点があります。その欠点を解消する方法として、既存枠を残したまま、新しい窓枠を取り付ける「カバー工法」があります。
壁の結露にお悩みの場合は、壁に断熱材を施すことも可能です。家全体に空気の流れができるように間取り設計を考えることも、湿気対策には非常に大事です。

▲ よくある質問一覧へ戻る

既製品の設備に気に入ったものがないのですが、オーダーで作ってもらえますか?

はい、できます。フルオーダー製作もできますし、例えばキッチンのシンク下の収納部分だけ造作で、ということも可能です。洗面台はほとんどの方がオーダーで作られます。
水栓、洗面器、鏡、照明などはメーカーを問わずイメージに合う物を選んで組み合わせていただけます。店舗やホテルの化粧室のような、おしゃれな空間に仕上がりますよ。

▲ よくある質問一覧へ戻る

造作のキッチンや収納って、やっぱり高いんでしょうか?

造作は費用がかかる、というイメージがあるようですが、そうとも限りません。別注で家具作家に依頼して、となると別ですが、大工工事でできる範囲のものであれば、既製品よりも安く仕上がる場合もあり、コストダウンにもつながります。
収納に関しては特に、無駄な隙間を残さず使い勝手に応じた計画ができますので、造作をおすすめします。

▲ よくある質問一覧へ戻る

コストダウンのために、壁の珪藻土を自分で塗ったり、家づくりに参加したいのですが・・・。

杉田工務店ではDIYも歓迎致します。ご家族皆さんで住まいづくりに参加すれば、きっと良い思い出にもなるでしょう。材料の調達等もご相談に応じますのでお尋ね下さい。

▲ よくある質問一覧へ戻る

施主支給はできますか?

はい、できます。インターネットなどで購入された設備や建材なども支給いただけます。ただし、施主支給品に関する発注、支払い、入荷手続き、荷受、検品は、お客様ご自身で責任を持って行っていただきますようお願いしております。設置工事の手配はご相談下さい。設備などはメーカーによって異なりますが、杉田工務店でも定価に対し業者価格での仕入れが可能です。

▲ よくある質問一覧へ戻る

無垢のフローリングに憧れますが、階下への音の問題やお手入れが心配です。

マンションごとに遮音基準は異なりますが、住民同士が心地よく暮らす為の配慮としてL45の遮音等級を取るのが一般的。無垢フローリングを使用する場合、L45等級の防音下地材を貼ります。
普通に生活する範囲での音の問題はこれで解消されますが、音の感じ方は人によって異なり「全く階下に響かない」というものでもありません。常識の範囲で暮らし方の配慮が必要です。

お手入れに関しては、恐らく想像されている以上にラクです。ワックスがけには専用の自然素材のものをおすすめしており、自然素材なので臭いもなく気軽に使えます。無垢材の場合、傷は付きやすいのですがウレタンコーティングをせず、オイル塗装仕上げなら傷が光に反射せず目立ちません。サンドペーパーで削って傷を消す方法もあります。節のある木材なら、視覚効果で傷や汚れが目立ちにくいという利点もあります。年月とともに色合いが深みを増し、傷も味になるのが無垢フローリングの特徴です。

▲ よくある質問一覧へ戻る

シックハウスが心配なのですが、対策は取っていますか?

はい。まず当たり前のことですが、使用する建材のほとんどはF☆☆☆☆を取得しています。それだけでなく、快適さと健康、環境に配慮し、自然素材の使用を積極的にすすめています。
無垢のフローリングは呼吸を妨げないようウレタン塗装をせず、自然塗料でオイル仕上げにします。クロスはビニールより主に紙やケナフ製のものをおすすめします。
クロスの接着剤はでんぷん糊を使用しています。接着剤に敏感な方には、既製品のシステムキッチンはおすすめできません。既製品のキッチンを選ばれる場合でも、なるべくステンレス製で面剤を貼り合わせていないタイプのものを選ばれるようアドバイスをします。
自然素材の床や壁は呼吸をしますので、調湿性もあり、臭いも吸収してくれる効果があります。

▲ よくある質問一覧へ戻る

限られた期間の中で、要望を伝えきれるか心配です。

杉田工務店では最初の段階で、ご家族のライフスタイル、趣味、生活スケジュール、持ち物の量、家事の導線(得意な家事、苦手な家事も考慮します)、将来設計やお好みのインテリアイメージなど詳細にわたってじっくりとヒアリングし、それを元にお客様に最適と思われる平面プランを作成します。もちろん変更は可能ですので、ご納得がいくまでしっかりとプランを練り上げましょう。途中、メールや電話でのやり取りもOKです。しかし実際は図面だけで全ての立体イメージを掴み取るのは難しいもの。で工事着工後も現場での打ち合わせをお願いしています。壁の位置やコンセントの配置、造作収納など、詳細部分を確認しながら工事を進めていきます。どの時点でも気になったことは遠慮せず、早めに話し合うのが肝心です。一人の担当アドバイザーが完成までしっかりサポートしますので、良い信頼関係を築きながら、お客様に満足いただけるよう努力しております。

▲ よくある質問一覧へ戻る

リフォーム工事はどのエリアで対応しているのでしょうか?

市内はもちろん、他のエリアの方もぜひお気軽にご相談下さい。

▲ よくある質問一覧へ戻る

小規模なリフォームもやってもらえますか?

工事の大小に関らず、お気軽にご相談ください。
水漏れ修理、網戸の張替え、畳替えなどの小さい工事から、ライフスタイルの変化に応じた大規模な全面リフォームまで行っています。その他にデザインリフォームや素敵な空間創りのご提案もできますよ。

▲ よくある質問一覧へ戻る

どのくらいの費用がかかるかわからないので不安なのですが・・・。

ご安心ください。リフォームはお住まいの現状の状態や、どんなリフォームをしたいかで見積りが変わります。お問い合わせフォームもしくはお気軽にお電話下さい。

↓お問合わせフォームはこちら
http://sugikoh.net/contact.php

▲ よくある質問一覧へ戻る

プランニングや見積りは無料ですか?

プランニングや見積りは無料でさせていただきます。杉田工務店では、お客様が安心してリフォームをしていただけるよう、現場調査とラフプラン・見積もりは無料でさせていただきます。お客様の要望をお聞きしたうえで、素敵なプランをご提案させていただきます。

▲ よくある質問一覧へ戻る

工事途中で金額が増えないか不安なのですが?

目視できる範囲で費用が増えることはありません。プラン提案前に現場調査を行い、目視・打診をして現状の把握を行います。解体をしないと確認できない構造や不可視部分に関しては、事前にお客様に説明をさせていただきます。

▲ よくある質問一覧へ戻る

リフォームに、助成金や補助金等を使うことができますか?

さまざまな補助金精度があります。国土交通省や各市町村単位で制定している助成金制度があります。
2009年からは、太陽光発電システムの設置(住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金:経済産業省)に対する補助や、高齢者居住(高齢者居住安定化モデル事業:国土交通省)に関する助成制度などが代表的な一例です。各種助成金を活用したリフォームプランをご提案させていただいておりますので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

▲ よくある質問一覧へ戻る

リフォームローンは利用できますか?

ケースバイケースによりますが、銀行をご紹介いたします。
ローンはただ借りるためのご提案だけではなく、無理のない最適なローン計画をご提案いたします。将来のことも踏まえて、安心してご相談してください。

▲ よくある質問一覧へ戻る

契約後すぐに工事してくれますか?

契約工期に合わせて着工します。工事内容によっては資材・設備ユニットの納期に時間のかかる物もありますが、ご契約後、通常1~2週間以内に着工できるようにしています。

▲ よくある質問一覧へ戻る

リフォーム工事中もそのまま住めますか?

住みながらでも工事は可能です。荷物を移動しながら工事を行ったり、他の部屋などにホコリなどがいかないように工事エリアをシートなどで区画して住みながらのリフォームを行うことができます。お風呂やキッチンなど、設置に時間のかかる物についても1日~2日で使用する事もできます。できるだけお客様の生活スタイルを考慮した工事スケジュールを組み、前もって日々の工事内容について説明いたしますのでご安心ください。

▲ よくある質問一覧へ戻る

アフターサービスはどうなってますか?

工事完了後、不定期ですがアフター点検に巡廻しております。またご要望に応じて補修や調整を行っていますが、1年以上過ぎた場合は、内容により有償になることもあります。このようなケースに対しては事前に相談いたしますのでご安心ください。

▲ よくある質問一覧へ戻る